“かかりつけドクター”として、
建物のコンディション維持・改善を
お任せいただいています。
 

すべての建物は竣工後ゆっくりと劣化がはじまります。しかし、細やかなケアを継続することで耐用年数は大きく変わり、長寿命化につながります。それは人が日々体調に気を配り、健康管理に取り組むヘルスケアと同じ発想です。
私たちはビルやマンションの改修や増改築のプロフェッショナル。
いわば “かかりつけドクター” として、公共・民間を問わず、さまざまな建物のケアをお任せいただいています

地域の共有財産である公共施設の改修や補強を手掛けます

学校・病院等公共性の建築物や工場・ビルなどの民間施設において耐震性を向上させます

ビルやマンションなどの経年劣化を食い止め、資産価値を向上させます

分譲マンションや戸建て住宅の快適性や機能を向上させます

 
  
特許技術を保有する「耐震補強システム工事グループ」
 
  
建物と人命を守る技術を追求。
 
1999年の阪神・淡路大震災を受けて高まりを見せた人々の防災意識と耐震補強ニーズ。「耐震補強システム工事グループ」はそうした社会の要請に応えるべく誕生しました。

加盟企業がそれぞれの専門分野で尽力し、新たな部材や施工方法を開発・確立したのが「ハイブリッド耐震補強工法」。2005年には待望の特許を取得し、さらに(財)日本建築総合試験所の建築技術性能証明も取得しています。

ハイレベルな施工品質を確保するため、グループに所属する企業にのみ施工が認められいます。
 

 
 
 
改修工事のプロが集う「関西リニューアル協議会」
 
  
調査・診断から施工、管理まで。

大規模修繕工事をはじめ、防水工事、塗装工事、外壁タイル工事、設備工事等の専門事業者の協会。関西リペア工業もそこに参画しています。

現在、加盟27社が関西を中心に活動し、会員相互の情報交換や請負工事の安全パトロールを行っています。

またオリジナル保険、5年間メンテナンス補償もマンション管理組合さまからご好評をいただいています。